ペットを飼われるお客様へ

皆様は、飼っている動物から人に感染する病気があることをご存知ですか?人畜共通感染症といって、
人間とせきつい動物の間を寄生体(病原微生物や寄生虫)が移動し起こる感染症です。
なお、消毒の施工は当社にご相談下さい。
病名 感染経路 症状 注意点
犬回虫症 子犬のふんに含まれている虫卵を人間が飲むと感染 セキ・熱・白血球の増加肝臓がはれる。 幼犬のほとんどは犬回虫症に感染しているので、子犬を飼うときは駆虫する必要がある。その後、定期的に検査をおすすめする。
ヒキノコックス症
(包虫症)
キツネ・オオカミ・犬のふんに含まれ包虫卵を草や水などと一緒に飲み込むと感染 肝臓、肺、脳、骨に病変が見られる。寄生している臓器の圧迫、肝臓のはれが見られる。 北海道に広く分布しており、キツネや犬の感染がすすんでいるので、これらの汚染された土地の水や草には注意しましょう。飼い犬は定期的に検便を
犬糸状虫症 犬の血を吸った蚊が人を刺すことで感染 ほとんどが肺に寄生する。 レントゲンで撮影すると円形の影となり、肺ガンと誤診されることも
トキソプラズマ症 猫のふんから経口感染する。他には、豚や羊の生肉から感染することも 通常は無症状、しかし抵抗力が弱っているとリンパ節炎、肝障害になることも 抗体を持たない妊婦が感染した場合、胎児も感染して水頭症になる危険がある
オウム病 オウム・ハトなどに寄生していて、発病した鳥の排泄物などから人が吸収することで発症 風邪と同じような症状。激しいセキ、重症の場合は呼吸困難になることも オウム病は、通常鳥から人へ感染するが、人から人へ感染する事例も見つかった。
ペットの健康管理はもちろん、正しい知識や予防方法を知り、感染の予防をしましょう。口移しにエサを与える、犬や猫になめられるなどの行為は、十分注意しましょう。
Q.室内で多いダニは?
A.室内で多いのはチリダニの仲間です。この中でも、コナヒョウダニやヤナヒョウダニが多いことが知られています。人は刺しませんが、虫体や死骸、フンのいずれもアレルゲンとなる問題がこのダニです。
Q.ダニの好きなところは?
A.ダニの適した温度は20~30度で湿度は60~80%です。カーペット、畳、ぬいぐるみなどがダニの大好きな場所です。
Q.人を刺すダニは?
A.人を刺すダニはツメダニ科のダニです。刺したときに、唾液腺から出す分泌物がアレルゲンになります。
Q.ダニの対策は?
A.部屋の風通しをよくし湿気がこもらないよう注意しましょう。また布団をまめに干し、エサとなるチリやホコリを残さないためにも掃除はこまめにしましょう。